スポンサーサイト

  • 2009.05.23 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


鼠の被害について

ペストコントロ駆除するのに有効とされていますが、それではネズミの被害とはどのようなものがあるのでしょう。

もちろんこれだけ問題になっているわけですが、ねずみの被害はたくさんあります。
そもそも鼠がいるというだけで不衛生になる。

これも立派な鼠による被害だと言えると思います。

家の中にねずみがいるだけで、糞やネズミ本体による被害のように直接的な影響もありますが、本体から病原体がバラまかれるという被害も考えられます。

病原体とはサルモネラ菌やペスト菌など。
その他にもいろいろなものがあるらしいですが、とにかく鼠が姿をあらわさずともねずみによる被害は発生するということです。

さらに、鼠の体には多くのノミやダニが寄生しているという事実もあり、そこからの被害も考えられます。

ねずみの姿を見るだけで、ノミやダニを寄生させていそうなことはわかりますが、本体の被害、病原体からの被害と、放っておけるものではないようです。

そして、鼠は人がいない時や、眠っているときなど活動していない時に動き出すという習性を持っていることから、自分の外出中に、家の中をうろうろしていると鼠の体に寄生しているものによって、二次被害が発生してしまうというわけです。